とにかく!切手買取業者の徹底比較ガチで高額買取のランキング一押し

買取業者による切手の得意・不得意とその汚れ具合が価格に与える影響。手元にある切手を見て、それを一番高く買取ってもらうための業者選びランキング形式のまとめ。実際に業者ごとに切手買取の価格を調査して比較しています。

遺品整理などで大量に出てきた古い切手や、引っ越しなどで昔集めていた切手コレクションの処分に困っている方も多いのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください!古い切手なら驚くほど高く買取業者へ売れるかもしれません。
このサイトでは手間をかけずに切手を買い取ってもらうためのノウハウや切手を一円でも高く売るためのコツ、そしておすすめの切手買取業者などを含めた切手買取全般について説明します。是非、切手を買取ってもらう際の参考にしてください。

注目おすすめの切手買取業者の徹底比較ランキング

切手の買取を取り扱っている買取業者は、インターネット・実店舗を合わせ、多数存在しています。実際に手元の切手を手放すとして、どの業者に依頼をしたらいいか迷うこともあると思います。切手の買取価格は、業者によって大きく開きが出ることもあり、業者選びはとても重要です。ここでは、相見積もりを取る際にぜひ候補に入れておきたい、おすすめの切手買取業者をランキング形式で紹介します。

ランキング1位

バイセル
数ある買取業者の中で、最もおすすめできる業者が、バイセルです。
バイセルは、東京都新宿区にオフィスを持つ、ネット型の店舗で、リユース型事業としては最大手の規模を誇ります。

  • 買取業者として断トツの知名度
  • なんと言っても、バイセルの知名度の高さは他に類を見ません。イメージキャラクターとしてタレントの坂上忍さんを起用し、テレビやラジオのCM、新聞広告への出稿など、メディア露出も積極的に行っています。買取業者の中では、バイセルを知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。

  • トップクラスの買取価格
  • バイセルは、業界内でもトップクラスの買取価格。なんと、「他店よりも1円でも安ければ無条件で返品可能」という制度があるほど。切手の売却を考える上で、高い買取価格が可能なのは、とてもうれしいポイントです。ちなみに、バイセルはインターネット型の店舗。実店舗を持たないため、店舗の運営費用が抑えられ、買取価格に上乗せされていると考えられます。
    バイセルでは、状態の良い切手だけでなく、「買取プレミアム」ほどではないですが、それでも折れや変色など、ダメージのある切手も買取してくれます。他店ではダメージがあり希望する買い取り金額に届かなかったような切手でも、一度バイセルの査定を受けてみることをおすすめします。

  • 丁寧かつ迅速な対応
  • スタッフの対応がとても丁寧で、また素早いという点も特徴として挙げられます。査定にあたるスタッフは専門の査定員で、鑑定力も確かです。女性の利用客の場合、出張買取の査定員に女性スタッフを指名できるなど、きめ細やかな対応があります。
    また、出張での大量買取を得意としており、段ボールに入った大量の切手や、重くて運べないほどの切手ブックでも、すべて一括で査定・買取してくれます。
    出張買取は、最短の場合電話から30分後に対応可能という、驚くべき対応の早さも魅力です。「出張訪問料」「査定料」「見積もり」「買取手数料」「キャンセル料」といった、査定・買取に関わる料金もすべて無料で対応してもらえます。

ここがポイント

・大量のバラ切手でも仕分けは不要
・全国どこへでも出張買取可
・トップクラスの買取価格
・女性査定員の指名可(女性に限る)
・買取における費用は完全無料
・他店より一円でも安ければ、無条件で返品可

バイセルの詳細

ランキング2位

買取プレミアム

おすすめランキング第2位は買取プレミアムです。
バイセルと同じ企業が運営している買取業者です。バイセルに比べると、対応の迅速さや、大量の切手を扱うノウハウでやや劣る部分がありますが、それでも充分に魅力ある買取業者です。

  • トップクラスの買取価格
  • 買取プレミアムの買取価格は、数ある買取業者の中でも最高水準と言えます。
    特に、傷やダメージのある切手については、バイセル以上に幅広く対応してくれます。どんな状態の切手でもなるべく高く買うことをモットーとしており、難がある切手の場合、買取プレミアムの査定は必ず受けておきたいところです。
    また、海外への販売経路も広く展開しており、海外製の切手についても、他者よりも高く査定してもらえる可能性が高いです。

  • 高品質なサービスをアピール
  • 企業として、サービスの品質も重視しており、申込から買取までの対応は大変丁寧です。8日間のクーリングオフが可能であったり、査定員に対するフィードバックに真摯に向き合うなど、アフターフォローもしっかりしています。もちろん、査定・買取に関わる費用はすべて無料です。

ここがポイント

・全国どこへでも出張買取可
・女性査定員の指名可(女性に限る)
・買取における費用は完全無料
・買取後のアフターフォロー有り
・汚れている丸まったようなバラ切手も可

買取プレミアムの詳細

ランキング3位

福ちゃん

おすすめランキング第3位は福ちゃんです。
福ちゃんは、ネット型の店舗に加え、東京と大阪にそれぞれ実店舗があります。切手だけでなく、古物を幅広く取り扱っているのも特徴のひとつです。

  • 企業としての高い信頼性
  • 福ちゃんは企業としての信頼性も高く、多くの人から選ばれている買取業者のひとつです。イメージキャラクターとして、中尾彬さん・池波志乃さんといった一流芸能人を起用できているのも、その高い信頼性の表れと言えます。

  • 堅実に成長している業者
  • 福ちゃんでは切手だけでなく、着物や骨董品といった鑑定が難しい古物も取り扱いのある福ちゃん。現在までで、買い取り実績はなんと200万点を超えているということです。買取業者の中でも堅実な成長を見せている業者と言えます。査定員の専門知識も豊富で、かつ買い取り金額についても他社より高く、をモットーにしています。切手買取の人気ランキングでは、常に3位以内をキープしている、大変人気の高い買取業者のひとつです。

  • 対応が迅速かつ丁寧トップクラスの買取価格
  • スタッフの対応もとても丁寧で、信頼がおけます。様々なジャンルの古物を取り扱っていますが、査定時、強引に他の品物を買い取ろうとするようなしつこい営業もありません。査定結果も、最高額をつけてくれる業者のひとつです。切手と一緒に着物やブランド品などをまとめて売却した場合、買取価格がアップするという特典もあり、複数の品物をまとめて処分したい方にはとてもおすすめ。また、買取を前提とせず、まずは査定だけ、という場合でも査定依頼が可能。買取価格はネットでも店舗でも変わらないのも安心です。相見積もりを取る際には、ぜひ入れておきたい1社です。

ここがポイント

・多量のバラ切手でも仕分け不要
・他社で断られた切手でも買取可
・無料WEB査定、無料LINE査定あり
・宅配キット無料
・査定員の質が高い

注目不要な切手はどのように処分するとお得なのでしょうか?

手元に、処分に困っている古い切手はありませんか。昔集めていたものや、使うために購入したけれど使わず残ってしまったもの、家族や親せきから譲られたものなど、使い道がないままずっと手元にある、ということもあると思います。
こういった不要な切手は、どのように処分するのがいいのでしょうか。
切手の処分で損をしないために、知っておいていただきたい情報を紹介します。

切手の処分の方法は意外と悩ましい

様々な理由で手元に来た切手。けれど、自宅で保管を続けるのが難しい場合もありますよね。切手は意外とデリケートにできています。良い状態のまま保存を続けるようと思うと、保存方法にも気を使いますし、そもそも、おいておくスペースの問題もあります。
また、切手を「郵便物に貼って使おう」としても、メールやLINEなどの通信手段が主流となっている現代では、手紙やゆうパックを出す頻度はそれほど高くありません。加えて、古い切手は額面も低く、郵便物に貼り付けするのも大変です。
使用が禁止されている「文単位」や一部の「銭単位」のような切手もあるでしょう。
このように不要になってしまった切手の処分の方法には、いくつかの選択肢があります。
切手の状態や発行されたタイミングにもよりますが、次の3つが具体的な選択肢となるでしょう。

  1. 捨ててしまう
  2. 最も手間がかからず簡単な方法は、そのまま捨ててしまうことです。使用予定もなく、価値もない物であれば、そのまま捨ててしまおうと考えるのは自然なことです。しかし、切手を処分するときには、この方法はおすすめできません。というのも、切手は有価証券です。少なくとも額面通りの金銭的価値はありますし、額面以上の価値があるプレミアム切手も存在しています。後から損をしたと後悔したり、後ろめたい気持ちになったりすることもあるでしょう。

  3. 郵便局で交換してもらう
  4. 使用していない切手は、1枚あたり5円の手数料を支払うことで、郵便局で新しい切手やはがきに交換してもらうことが可能です。あくまで切手やはがきへの交換のみで、返金や換金を受けることはできません。頻繁に手紙や小包を送る予定のある方は、この方法も良いでしょう。しかし、郵便をあまり利用しない方には、使い道のない品物がただ新しくなるだけで、あまりお勧めできません。

  5. 金券ショップに売る
  6. 前述したように、切手は有価証券です。基本的には額面通りの価値があります。金券ショップに持っていけば、ある程度の金額で買い取りしてくれます。ただし、金券ショップは購入した切手を額面より低額で転売し、利益を得ています。買い取り金額はそれよりも更に低くなることは理解しておく必要があります。また、額面以上の価値があるプレミアム切手が混ざっていた場合、それを額面より低い金額で売却してしまうのはもったいないことです。

切手買取サービスを利用してみよう

そんな場合に最もおすすめなのが、切手買取業者を利用することです。買取業者は切手のプロですから、手元にある切手の価値を査定し、額面ではなく、切手の市場での買取をしてくれます。ものによっては、額面以上の買取価格が期待できるものも多く、金券ショップに売るよりも、高く売れることが少なくありません。良心的な業者であれば、価値のある切手とそうでない切手に分けたうえで、金券ショップを利用した方が買取価格が高くなるものについては、そのように教えてくれることもあります。

(古い切手の買取対応表)

買取業者 買取対応 買取価格
郵便局 × 新しい切手との交換のみ
(但し、所定の手数料が必要)
金券ショップ 原則、切手の額面以下
切手買取業者 切手額面以上も期待できる

切手の額面以上の価値を知ろう

古い切手金券ショップよりも、切手買取業者を利用した方が高く売れる切手とは、どのような切手なのでしょうか。基本的には、コレクターにとって価値のある切手、ということになります。つまり、コレクターが『収集又は保管する』ことに重きをおいて、その発行枚数や現存する数の少なさから、その希少性を高く評価している切手です。
中でも、その価値が額面より1円でも高いものはプレミアム切手と呼ばれ、主に発行枚数が少ない1960年以前、とくに明治・大正・昭和初期頃に発行された切手の中に多く見られます。
例えば、明治時代に発行された「桜切手」は、額面が1円未満でありながら一枚数百万円で取引されています。印刷ミスなどのエラー切手も、高値が付くことが多いです。使用済切手のなかにもコレクターに珍重されるものもあります。海外切手も同様で、特に中国切手の「赤猿」は、自国で投機目的で盛んに取引されていることもあり、状態がよければ一枚10万円以上で買取されることもあります。また、比較的近年になって発行されたアニメ切手やキャラクター切手の中にもマニア向けとして高く売れるものがいくつかあります。
このように、一見大した価値もないように見える切手ですが、求めている人にとっては、とても魅力的な切手であるということも往々にしてあります。自分にとって不要だから、という理由で簡単に捨てたり低価格で売却してしまったりということは、損をしてしまう結果につながりかねません。しかし、これらの切手は、発行時期により、その種類や銘柄も様々であるため、詳しくない人がその価値を判断するのは難しいと言えます。そこで、信頼のできる業者に査定を依頼し、手元の切手の価値を正しく理解することが大切です。

注目なぜ切手買取サービスがお勧めなのでしょうか

切手を手放そうと考えるとき、最初に思いつくのが金券ショップやオークション・フリマアプリでの売却しょう。しかし、これらの売却方法よりも切手買取の方がお勧めです。ここでは、その理由について両者を比較しながら説明していきます。

金券ショップより切手買取がおススメの理由

金券ショップ金券ショップは商品券や各種切符等だけでなく、切手の売却方法としてとても身近で、手軽な存在です。特に、手元にある切手の価値を知らなかったり、調べるのが面倒くさいときには、金券ショップへの売却を検討してしまうでしょう。しかし、金券ショップでの買取には、次のようなデメリットがあります。

  • 額面以上の金額での買取は期待できない
  • 金券ショップに切手を買いに来る人は、法人や自営業等、ビジネスで使う切手を安く手に入れたいという人がほとんどです。プレミア切手をコレクション用に購入したいという人は、金券ショップへは探しに来ません。そのため、買取の際にも、コレクションとしての価値は加味されず、あくまで額面の金額を元に査定されるか、最悪の場合、値段がつかないということもあります。例えば、有名なプレミアム切手である「月に雁」は、買取業者であれば一枚1,000円の買取価格も期待できますが、金券ショップでは、よくても額面の8円程度の買取価格でしょう。

  • 仕分けの手間
  • 金券ショップへ切手を売却する際には、額面等に従って仕分け(※)をして持ち込む必要があります。ばらばらのまま持ち込んでも買取してくれる業者もありますが、仕分けしてある場合に比べ、買い取り金額が低く設定されていることも多くあります。仕分けしてある切手の買取価格は額面の90%程度のことがほとんどなのですが、仕分けしていない場合、60~80%と、30%も下がってしまうこともあるのです。あるいは、仕分けしていない切手は買取自体不可、という業者もあります。

    ※仕分けとは、同じ額面や種類のバラ切手を台紙に貼ったり、袋分けにておくなど、あらかじめ切手を整理しておくことです。

  • 買取方法が限られる
  • 金券ショップでは、大量の金券を取り扱うため、基本的に店頭買取のみに対応しています。一部店舗は郵送買取に対応していますが、送料は自己負担であることが多く、気軽に利用できません。また、ほとんどの場合で出張買取にも対応していません。

  • 切手専門の査定員が在籍していない
  • 金券ショップは、取り扱う金券の種類が豊富なうえに、薄利多売の精神なので、切手の査定にあまり時間を掛けられません。そのため、切手専門の査定員が在籍していないことが多く、レアな切手を持込んでも、そのまま額面ベースでの買取になってしまうことも多々あります。また、デリケートな切手の扱いにも慣れていないため不安を感じます。

やはり、切手買取がおススメです

切手の売却は、やはり、切手専門の買取業者に査定を依頼するのが最も賢い選択と言えます。そのような業者はコレクターの人への転売を想定していますから、価値のある切手はしっかりと高価格で買い取ってくれます。査定をしてくれるのも切手の専門家ですから、売る側に知識がなくても、安心して任せることができます。
ほとんどの業者では宅配や郵送での査定、LINE査定に対応しており、仕分けも不要ですから、手間なく査定を依頼することができます。忙しい場合でも、日祝も営業しているところも多く、希望の日時に出張買取の予約を入れることができます。また、査定費用がかかるということもありません。査定額に満足できなけれキャンセルも無料です。実際、何気ない買取依頼から、貴重な切手が発見されることは意外と多くあります。
誰かから譲り受けた切手の場合でも、切手を収集した人の気持ちを考えれば、本当に必要としている人の手に渡る「切手買取」であれば、感情面でも気持ちよく手放すこともできるでしょう。手元の切手を、損せず、心良く売却したいと考えるなら、金券ショップより切手専門の買取業者を選ぶことをお勧めします。

オークションより切手買取がおススメの理由

ヤフオク切手売却のもう一つの選択肢にオークションやフリマアプリがあります。最近はヤフオクを始め、メルカリやラクマなども一般的になってきました。スマホひとつで出品が完了し、手軽な売却方法である一方、やはり、切手の売却には向かない面もあります。ここでは、なぜネットオークションやフリマアプリが切手の処分に向かないのかを説明します。

まず、ネットオークションやフリマアプリのメリットを考えていきましょう。
これらのサービスのメリットは、次の2つです。

  1. 自分で売却価格を設定できる
  2. 自宅に居ながらにして簡単に売買ができる

この2つが、ネットオークションやフリマアプリが近年急速に普及した理由です。しかし、切手の売却においては、この2つのメリットは必ずしも魅力的とは言い難いのです。
それには、4つの理由があります。

  • 実際の価値よりも低価格で売却してしまうリスクがある
  • ネットオークションやフリマアプリは、自分で自由に売値を設定することができます。これはとても便利な機能なのですが、これを有効に活用するためには、売主がその品物の価値を正しく理解している必要があります。
    切手の場合、市場での価値変動や切手の種類など、正しい知識がなければ、その切手の価値を正しく把握することは困難です。そのため、適切な価格よりもずっと低額に設定してしまい、結果損をする結果になりかねないのです。

  • 出品・発送に伴う手間が生じる
  • これらのサービスに出品するためには、切手の写真を撮ってアップロードし、詳細な説明文を作成する必要があります。もちろん、切手の汚れなども見えるよう、写真にもしっかりとこだわる必要がありますし、その切手の状態や市場での価値について、しっかりと記載された説明文を作成する必要があります。
    また、発送時には、濡れ、折れ、切れなどしないよう、梱包に十分気を使う必要もあります。

  • 買主との間で思わぬトラブルが生じる
  • ネットオークションやフリマアプリは、個人対個人の売買です。切手はその状態によって価値が大きく変動しますので、出品時に説明していた状態と買主の手元に到着した切手の状態が異なれば、トラブルに発展しやすいと言えます。
    しかも、買主の中には、切手愛好家やコレクターといった切手に精通した方も多く含まれますので、切手の素人がそういったトラブルに対処することは、現実的に困難でしょう。万が一トラブルや詐欺に巻き込まれてしまった場合、とても大変な手間ですし、精神的にもつらい思いをすることになります。

  • 手数料がかかる
  • 既存のサービスを利用する以上、使用料金がかかります。
    ネットオークションやフリマアプリの場合、サービスにより異なりますが、売上金の一部から最大で売却価格の10%程度の手数料が差し引かれることになります。実際の売却金額が満額手に入るわけではないため、この点にも注意が必要です。

このように、オークションやフリマアプリは、手軽に出品ができる一方、高く売ろうと考えると、実際には手間がかかる現実があります。対して、切手買取であれば、切手売買の経験と知識は不要ですし、システム手数料を引かれることもなく、手間も掛かりません。
また、買取業者に任せておけばトラブルの不安もないわけですから、オークションやフリマアプリよりも、切手買取の方がおすすめです。

注目切手買取を上手く利用して売却する方法

切手買取で高く売るコツ

切手買取業者に依頼するうえで知っておくべき高く売るためのコツを説明します。

1、相見積もりを取る

相見積もり手元にある切手を売りたいと思ったときに、相見積もりを取っていますか。面倒くさがって、最初に見積もりを依頼した業者に決めてしまっていませんか。実は、いくつかの条件が合えば、高く売れる可能性があります。手元の切手をできるだけ高く売るためには、相見積もりを取ることが重要です。

相見積もりとは?

切手を売るときには、買い取り業者に査定を依頼し、買い取り金額の見積もりを取ります。その時に、複数の業者に査定を依頼し、見積もりを取ることを「相見積もり」といいます。見積もりを取るには、次のような方法があります。

  • 出張買取:買取業者との約束を設定し、立ち合いの上査定。
  • 宅配買取:査定してもらう切手を送り、断る場合返送してもらう。
  • 店舗買取:店舗を訪ね、査定してもらう。

どの方法を取るにしても、相見積もりを取るためには、複数の業者に対しこの手順を踏む必要があります。そのため、面倒に感じる人が多いのも事実です。しかし、手元の切手を高く売るためには、相見積もりを取ることを強くお勧めします。

相見積もりをおすすめする理由

相見積もりをおすすめする理由は何より、その方が高く売れる可能性が高いからです。当然ですが、買取業者は買い取った切手を転売することで利益を得ています。しかし、その流通経路や売却先は「業者間取引」「オークション」「展示即売会」など、業者によって様々で、得意な販路が異なります。
需要のある切手の種類はそれぞれの販路によって異なりますから、買取業者がどの流通経路を得意にしているかによって、同じ切手でも大きく買取額に差が出ます。業者は自社の得意な販路であれば多くの利益を見込めますから、買取金額も高めになります。
逆に、苦手な分野の切手や在庫が過剰であったりすると安値になってしまいます。実際に相見積もりを取ってみると、同じ切手でも、ときに数万円以上の差が出ることがあります。
このようなリスクを避けるためには、切手の見積もりは複数の業者から取った方が良いと言えます。
今は、インターネットを利用して手軽に相見積もりを取ることができるようになってきました。買取業者のWebページから仮査定を申し込むことができる業者も多くあります。LINEを利用した査定サービスも提供されています。
売りたい切手の画像を送付するだけで簡単に見積もりを取ることができますから、是非活用してみてください。

簡単に相見積もり取る方法

1、きちんと保管する

きちんと保管するいずれ売却する気持ちがあるのであれば、見つけた切手はきちんと保管しておくことが大切です。なぜならば、切手を売却する際に、その状態によって買取価格が大きく変わる可能性があるからです。
切手の材質は紙ですから、経年に伴い劣化する可能性があります。そのような劣化した切手と、きちんと保管された美品の切手とでは、同じ切手でも買い取り金額が2倍近く変わることもあります。
たしかに、買取業者の中には、切手をむき出し状態での丸投げ査定を歓迎しているお店もあります。 しかし、少しでも買取価格をアップさせるために、見た目もよくして切手をきちんと保管することが大切です。
保管のポイントは、直射日光を避け、風通しの良い場所で保管することです。丸まってしまった切手などは、ダンボールに挟み、重みをかけて伸ばしてから、ファイルに乾燥剤とともに収納するとよいでしょう。
また、切手同士がくっついてしまうことを避けるため、100円均一等で購入できるジッパー付き袋やストックブック、ストックリーフを使うのもおすすめです。
中でも、「ストックリーフ」は、異なったサイズのものをルーズリーフのように組み合わせて、シートはもちろんバラ切手でも一冊にまとめて収納できるので、特にオススメです。
なお、切手を扱う際には、手の皮脂がついてしまったり、切手を傷つけることを避けるため、切手専用のピンセットを使用しましょう。

1、総額面がいくらか調べておく

総額面切手の状態や依頼する業者によって査定金額は大きく変わりますが、場合によっては額面金額の半額以下の査定額になってしまうこともあります。切手は有価証券ですから、どのような状態であっても少なくとも額面通りの価値はあります。
そのため、額面よりもはるかに安い金額で売却するのはとてももったいないことです。そんなことにならないよう、査定前には総額面を調べておきましょう。そうすれば、あまりにも安い場合には、売却をキャンセルすることもできます。

3つの買取方法

切手の買取の際には、次にあげる3つの買取方法が一般的です。
それぞれの方法にメリット・デメリットがありますから、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

出張買取

出張買取出張買取の場合、事前に切手の情報を電話などで伝えることが多いです。当日は査定担当者が自宅などの場所に訪問し、査定・買取を行ってくれます。専門の査定員が担当してくれるため、切手の価値がわからず不当に低価格になるということがありません。
また、その場で査定額がわかり、お金を受け取ることができるのもメリットです。ただし、自宅に訪問しての買取になりますので、どうしても売ってほしいと強く求められたりといった場合には大変な思いをするかもしれません。
最近は、女性の査定員を指定できたり、玄関先までしか入らないことを確約してくれる業者もありますので、しっかりと選ぶことも大切です。出張買取には対象エリアがある業者もありますので、自宅がエリア内であるかはしっかり確認しておきましょう。

宅配買取

宅配買取切手を業者へ郵送して、査定・買取してもらう方法を宅配買取といいます。多くの場合、業者が宅配キットを用意してくれますので、それを使用して梱包・発送。査定額は電話等で伝えられますので、納得できれば指定口座へ買い取り金額を振り込んでもらいます。アポイントを取る必要がないので、自分の都合に合わせて作業することができるのがメリットです。
また、査定員が時間をかけてしっかり査定してくれるため、切手の価値を正しく評価してもらうことができます。しかし、梱包して郵送するため、梱包や運送の状態によっては、切手にダメージが生じてしまう可能性はゼロではありません。その結果、買取価格が下がってしまうこともあるため、注意が必要です。

店頭買取

店頭買取買取業者の店頭に実際に切手を持ち込み、買取をしてもらう方法が店頭買取です。飛び込みでも買取してくれる業者も多く、外出のついでに査定を受けることができます。査定員と直接交渉することもできますし、成立そればその場でお金を受け取ることができるのもメリットと言えます。
ただし、査定にはある程度時間がかかりますので、依頼する切手の数によっては、時間の余裕があるときでないと難しいという点があります。また、持参する際しっかりと梱包していないと、切手にダメージが生じる可能性もあり、注意が必要です。相見積もりを取りたいと考えている場合、複数の店舗を回る必要があり、手間が多くなってしまうのもデメリットと言えます。

注目切手買取で高値で売れる切手の種類

切手買取業者に依頼して、額面以上に高く売れる切手はプレミアム切手と呼ばれ、そのほとんどが1960年以前に発行されたものです。このような切手は発行枚数も少なく、希少価値が高いため高値で取引されているものが多いです。代表的なものには「月に雁」や「見返り美人」などがありますが、中国切手にも「赤ザル」や「大パンダ」などがあります。
プレミアム切手は限られていますから、悪い業者に買い叩かれないためにもある程度の知識を持っておくとよいでしょう。ここではそのような切手の買取価格を中心に説明していきます。

普通切手の買取価格について

普通切手普通切手はその発行時期により、明治・大正時代のもの、昭和時代のものの大きく二つに分かれます。明治・大正切手は希少価値が高いので、普通切手でも買取価格が高くなる傾向にあります。なかでも明治時代に初めて発行された竜切手は、手彫りによる銅版印刷の技術が使われている希少性の高いプレミアム切手です。
そのほかにも桜切手や震災切手などその種類は豊富で、中には発行枚数がとても少なく、美品で万単位の高値で取引されているものもあります。また、昭和の普通切手のなかで高く買い取られるものは、戦前から戦争直後までに発行された第一次から第三次までのものを始め、1960年位までに発行された新昭和切手のなかに多く存在します。産業図案切手や富士鹿切手など種類によってはかなりの高値が付くものもあり、マニアの間で高い人気を誇っていることを伺わせます。

みどり矢印

記念切手の買取価格について

記念切手記念切手とは、皇室の行事などを含めた国家的イベントが開催されるタイミングで発行される切手のことです。古くは日露戦争の勝利を記念して発行されたものや、郵便記念切手など、その種類は豊富です。しかし、プレミアム価値が高いのは1960年以前に発行されたものがほとんどで、時代が古くなるほど評価額も高くなる傾向にあります。なかでも「飛行郵便試行」や「儀式のかんむり」(裕仁立太子礼)などは有名で、買取価格も2~3万円と高額です。
みどり矢印

特殊切手の買取価格について

特殊切手特殊切手とは、日本の文化や自然などをシリーズで紹介するために発行されたものです。国宝や浮世絵など内容は多岐に渡りますが、買取価格は残念ながらそれほど高くありません。しかし、初期の頃に発行された観光地百選や、文化人シリーズは高値で取引されています。また、切手趣味週間シリーズで発行された有名な「月に雁」もプレミアム価格が付いています。ほかには国体シリーズなど特殊切手には買取価格が高いものもあります。
みどり矢印

中国切手の買取価格について

中国切手中華人民共和国が建国された1949年以降に発行された切手が中国切手です。なかでも80年代までに発行された「赤猿」「毛沢東」「牡丹」「梅蘭芳舞台芸術シート」「オオパンダ」「少年よ、子供の頃から科学を愛そう」に高いプレミアムが付いています。この時代は文化大革命(1966年から1977年)の混乱期で経済活動が制限されており、海外への郵便も制限されていました。そのため現存する切手の枚数が少なく、買取価格も高くなっています。
みどり矢印


更新日:

Copyright© とにかく!切手買取業者の徹底比較ガチで高額買取のランキング一押し , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.