弱者の戦略

ランチェスター戦略!コミュニケーション戦略で成功した5つの企業事例

小企業の挑戦!5つのコミュニケーション戦略で顧客の心をつかんだ理由

ランチェスター弱者の戦略で言うところのコミュニケーション戦略で成功を収めている企業です。コミュニケーション戦略は、小規模企業や新規参入者にとって、それほどコストもかからずとても有利です。
それぞれの企業がどのような方法や戦術を使用してこの戦略を活用しているかを紹介します。

オールバーズ(シューズブランド)

オールバーズ(Allbirds)は、環境に優しい素材を使用したシューズブランドです。

コミュニケーション戦略として透明性とストーリー性を重視しており、自社の始まりや目標、製品の特性を通じて、顧客に共感を得て強いブランドイメージを作り上げています。
また、シンプルなデザインと明瞭なメッセージを発信することで、自社の製品の価値観を伝えています。

さらに、SNSを活用し、製品の製造過程や使用される天然素材について情報を発信することで、その知名度や評価を上げています。
環境保護やサステナビリティに関心のあるインフルエンサーと協力し、製品を紹介してターゲット顧客にリーチしています。

アウェイ(トラベル用品)

アウェイ(Away)は、機能的でデザイン性の高い旅行用品を提供しているブランドです。顧客が自分たちの旅行の写真をSNSにアップすることで、自然な形でブランドを宣伝しています。このseenがうまくいき、リピートの購入や新しい顧客の獲得が増えています。

また、旅行やライフスタイルに興味があるインフルエンサーと連携し、彼らに製品を紹介させて、ターゲットとする顧客にアピールしています。

さらに、ストーリー性や製品作りの背景などを顧客と共有し、またインスタ映えするコンテンツや興味深い記事で顧客の注意を引きつけ、ブランドイメージを高めています。(コミュニケーション戦略)
これらのアプローチにより、アウェイは他の旅行用品ブランドとは違う地位を築き、市場での競争力を保っています。

ムーブメント(時計ブランド)

ムーブメント(MVMT)は、高品質で手頃な価格の時計ブランドとして、インフルエンサーマーケティングを活用したコミュニケーション戦略で成功しています。
インスタグラムなどのSNS上で、ファッションやライフスタイルのインフルエンサーに製品を紹介してもらい、ブランドの認知度と信頼性を向上させています。

また、商品をオンラインでのみ販売することで、中間マージンを減らし、お手頃な価格を実現するとともに、ブランドの始まりや製品の開発についての話を共有することで、顧客にブランドの理念や価値観を理解してもらい、つながりを深めています。

これらの手法により、ムーブメントは他の時計ブランドとは違ったポジション取りで、市場での競争力を保っています。

ロージーズ(シューズブランド)

ロージーズ(Rothy's)は、リサイクル素材を使用したシューズブランドで、ターゲット顧客に直接訴求するコミュニケーション戦略で成功しています。ブランドの起源や製品開発の背景ストーリーを共有して消費者とのつながりを深める戦略を取っています。

また、限定版の製品を投入し、顧客が引き続いてファッションに興味を持つような流れを作るとともに、顧客から直接意見や感想を得るために、SNSやメールマガジンなどを通じてコミュニケーションを図っています。

ロージーズは、このようなコミュニケーション戦略により 環境に優しい素材と持続可能な製造プロセスを強調し、美しいビジュアルコンテンツをSNSやウェブサイトで公開してブランドの印象を高め、ファッションや環境保護に関心のあるインフルエンサーとの連携で信頼性と認知度を向上させています。

クイップ(電動歯ブラシ)

クイップ(Quip)は、シンプルながらも魅力的な製品を提供しているデザイン性の高い電動歯ブラシメーカーです。SNSを活用して製品の魅力を伝え、異業種とのコラボレーションや限定コレクションの発表でブランドの認知度を高めています。

さらに、顧客からのフィードバックに対応し、メールマガジンを通じて継続的なコミュニケーションを図り、信頼性の高いブランドイメージを構築しています。

また、製品を友人や家族に紹介した顧客に特典を提供するリファーラルプログラムを実施し、口コミでの製品紹介を促進して新たな顧客獲得につなげています。

コミュニケーション戦略のまとめ

これらの企業が、コミュニケーション戦略で成功したビジネスモデルやその方法は以下の通りです。

  • ブランドのストーリーを強調したコミュニケーション
    ブランドのストーリーテリングを通じて顧客とのつながりを深め、魅力的なブランドイメージを構築しています。Webサイトやブログ、SNSを活用して、ブランドの背景や価値観、製品のエピソードを伝えることで顧客との共感を生み出してます。
  • オンラインを中心としたマーケティング戦略
    オンライン広告やウェブサイト、メールマーケティングなど、オンラインプラットフォームを活用した広告や販促活動を行っています。オンライン上で広範な顧客層にリーチし、効果的なメッセージや情報の配信を行いながら、顧客との関係を構築しています。
  • インフルエンサーマーケティングの活用
    人気のあるのあるインフルエンサーとの提携を通じて、広告効果や認知度の向上を図っています。インフルエンサーの影響力を利用して製品やブランドの魅力を紹介し、彼らのフォロワーに製品を上手くアピールしています。
  • SNSを活用したデジタルマーケティング
    SNSを通じて、顧客との強固なつながりを築いています。コンテンツのシェアやいいね、コメントへの返信、ユーザー生成コンテンツの共有などを通じて、顧客とのコミュニティを形成し、ブランドの認知度を高めています。

これらのビジネスモデルは、コミュニケーション戦略で競合他社と差別化し、狭い市場や特定の顧客層に焦点を当てることで成功を収めています。

-弱者の戦略