とにかく!どんな切手でも一円でも高く買取ってもらうための業者選び

買取業者による切手の得意・不得意とその汚れ具合が価格に与える影響。手元にある切手を見て、それを一番高く買取ってもらうための業者選びランキング形式のまとめ

切手買取について

高く買い取ってもらえる切手の特徴と1円でも高く売るための方法

更新日:

高額で買い取ってもらえる切手の特徴とその条件

高く売れる切手の条件として一番に挙げられるのが未使用であることです。そして、1960年以前に発行された切手で発行枚数が少なく、しかもその状態がよければグングンとプレミアム度を上げることができます。

なかにはたった1枚の切手が多量にある切手の買取価格の9割を占めることさえあります。では、どのような切手が高額で買取られるのでしょうか?その特徴をみていきましょう。

1960年以前に発行された切手であること

切手収集ブームが起こる前の1960年以前に発行された切手は発行枚数が800万枚程度と少なく、希少性があるため全体的に買取価格も高い傾向にあります。

一方、1970年以降になると毎回の発行枚数も3000万枚以上と各段に多くなるため、その流通量も多くなります。したがって昭和30年代前半頃までの切手が額面以上に高く買い取られるといえます。

切手の発行枚数が少ないこと

現代の切手は発行枚数も何千万単位であるのが普通ですが、古い切手のなかには発行枚数が極端に少ないものが存在します。なかには未発行になったものもあって、とても高い値が付いています。

変わったところでは発行枚数が多かったにも関わらず、現状では未使用のものが少ない切手も存在します。たとえば、郵便料金の改定の合間に発行された記念切手などがそうです。

額面が改定後の料金にぴったりだったため足りなくなった普通切手の代わりに使われてしまいました。

逆に使用済のほうが高くなっている切手も存在します。郵便創始75年の30銭などがそうです。これは戦後になって初めて発行された記念切手で、紙の質がよくなっていたため使うのがもったいないとの理由で消印が付いたものが極端に少なくなっています。

また、当然ながらバラよりもシートの方が買取価格が高くなります。切り離されていない切手はそれだけで価値があります。特に古い切手はそのほとんどが切り離されてしまっているために希少価値がでるというわけです。

バラ切手の仕分けをしておくこと

金券ショップにバラ切手を高く買い取ってもらうには台紙貼りや仕分けをしておくことが大切です。仕分けされていない切手は買取不可という業者も多いので注意が必要です。

みどり矢印

切手の状態がよいこと

切手の状態がパーフェクト(【MS】郵便局で買ったままの状態)であればMAX価格で売れますが、ほとんどの場合はそうもいきません。プレミアムが付く切手のほとんどは1960年以前のものですから、切手ブックに保存していないとシミや汚れにへげ(剥げ)、ヤケ(茶変色)が目立つようになります。

また印刷面についても真ん中からずれているものは評価を下げる一因になります。明治時代に発行された竜文切手などにそのようなものが多く見られます。逆に印刷面が真ん中に綺麗にプリントされているものはウェルセンター(WC)と呼ばれ高く評価されます。

裏面オリジナルガムさらに裏面の糊の状態も買取り価格に大きな影響を与えます。裏面の糊が買った当時のまま残っているものをOG(オリジナルガム)と呼びますが、多くの場合年月とともに剥げ落ちていきます。これが評価を下げる原因となります。
左の画像は切手の裏面にしっかりとオリジナルガムが乗っている状態です。

またヒンジ跡によるダメージも見逃せません。ヒンジとは切手を貼り付けて保管するための両面テープみたいなものです。しかしこれは切手の裏面を傷つけるだけでなく、そのまま放っておくと跡を残してしまい、評価を下げてしまいます。

プロの査定員はこれを【H】ヒンジ跡あり、【LH】少しヒンジ跡あり、【NH】ヒンジ跡無しで評価します。

このようにして切手は表裏合わせた全体的な印象、状態で次のように判定されます。
【Superb】完全美品
【XF】極美品
【VF】美品
【F】並品
【VG】やや劣…このあたりからガタンと買取価格が下がります。
【D】劣…買い取り価格が低いです。

切手を高く買い取ってもらえるように保つには、直接手で持つのではなく、切手専用の先が平たくなっているピンセットを使いましょう。また保管するときは切手ブックに入れて、乾燥剤とともに収納するとよいでしょう。

お手元にある切手を1円でも高く売るための方法

遺品整理などででてきた切手を処分しようとお思いではないでしょうか?一枚一枚ヤフオクなどに出品するという方法もありますが、専門的な知識が必要なうえに切手の状態について入札する側も把握しにくくトラブルになるケースもあります。

業者に買い取ってもらうにしても、切手の知識がないと査定員の言いなりの価格で買い取られてしまう不安があるかもしれません。

そこでお勧めしたいのが切手ブックなどから価値のありそうなものを何枚かピックアップして仮査定に出してみる方法です。仮査定とはメールフォームなどで商品の画像を添付してそれを査定してもらう方法です。

業者のほうも予めその内容を知ることができますし、買取ってもらう方もある程度買取価格がわかったうえで業者との交渉に臨めるため、双方にとって有益です。他社よりも一円でも安ければ返品してくれるバイセルのような業者もありますから利用してもよいでしょう。

とにかく切手ブックからプレミアムが付きそうな切手を抜いて相見積もりを出すことをおすすめします。こちらにプレミアムの付く切手の一覧とその絵柄があるので参考にしてください。

みどり矢印

ヤフオクで一円でも高く切手を売りさばくためのポイント

オークションといえばヤフオクですが実際多くの切手が出品されています。そこで入札者を多く獲得して、高値で落札させるためのポイントを挙げてみます。

入札価格を1円からスタートさせる

高いプレミアムが付く切手でも入札価格は1円からスタートさせる方が得策です。いきなり高値からスタートさせると市場の原理が働かず、落札者がゼロということもけっこうあります。

逆に1円からスタートさせたものは順調に入札者が伸びていき、適切な価格で落札されることが多いです。入札者もバカではないのでしっかりとその切手の価値を見極めて落札金額を設定してきます。

そのため1円からスタートしたからと言って安値で落札されるということはまずないでしょう。(それなりに適した価格で落札されます。)

しっかりと裏面の状態が分かる接写画像を掲載する

入札者にとってプレミアム切手の価値を決めるうえで裏面の状態を詳しく知ることはとても大切です。ヒンジ跡の有無はもちろん、ヤケやシミはどの程度なのか、また裏のりが乗っているかどうかが分かるように写メを撮りましょう。

基本的にコレクターは表面はもちろん裏面の状態の良し悪しにとても敏感です。高いプレミアム切手でもヒンジ跡がしっかりついているような切手は売れないか、もしくはとても安い金額で落札されると考えてよいでしょう。


-切手買取について

Copyright© とにかく!どんな切手でも一円でも高く買取ってもらうための業者選び , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.