とにかく!切手買取業者の徹底比較ガチで高額買取のランキング一押し

買取業者による切手の得意・不得意とその汚れ具合が価格に与える影響。手元にある切手を見て、それを一番高く買取ってもらうための業者選びランキング形式のまとめ。実際に業者ごとに切手の買取価格を調査して比較しています。

切手買取の知識

未使用の切手は郵便局で買取ってくれるのでしょうか?

投稿日:

郵便局で買取年賀状の整理をしていたら引き出しの奥から未使用の年賀状が出てきた、という経験はありませんか?

また、印刷をミスしてしまい数十枚ものはがきを書き損じてしまったことはないでしょうか。

残念ながら、余ったはがきや切手を現金に換えることはできません。しかし有効に活用する方法があるのです。未使用の切手やはがきは捨てずに、保管しておきましょう。

未使用の切手やはがきの活用方法

未使用のはがきや切手を郵便局に持っていくと、別の切手やはがき、特定封筒(レターパックなど)と交換することができます。その際、現金で交換手数料を支払う必要があります。また、お釣りはでません。

「未使用」の判断基準

書き込みがないはがきだけでなく、書き損じたはがきも「未使用」に含まれます。

  • 宛名面と通信面を間違えて印刷してしまったはがき
  • 封筒に貼ったが発送しなかった切手
  • 10年以上前のくじ付き年賀はがき

これらも「未使用」とみなされ交換可能です。では、未使用とみなされないケースにはどのようなものがあるでしょうか。

  • 切手に消印が押されている
  • 料額印面(切手代わりに料金が表示されている部分)が汚れている、破れている

これらは発送していなくても「使用済み」とみなされ、手数料を支払っても交換ができません。

切手やはがきと交換できる商品

提出するはがきや切手の種類・額面によって、通常の切手やはがきのほかにも次のような商品に交換してもらえます。

  • インクジェットはがきやイラスト入り、くぼみいりはがき
  • 往復はがき
  • くじ付きはがき
  • 郵便書簡
  • 特定封筒

郵便書簡とは、便箋と封筒が一体になったミニレターと呼ばれるものです。はがき3枚分の通信スペースがありますが、料金ははがきと同様62円。25gを超えなければ写真なども同封できます。

特定封筒とはレターパックやスマートレター用の封筒を指しています。送るもののサイズや重さによって使い分けができるサービスで、専用の封筒を郵便局やコンビニで購入します。どちらも信書の送付ができるうえ、追跡番号もつきます。

レターパックは重さの上限が4kgですので、重さがあるものの郵送に最適です。厚さが3cm以内なら360円、それ以上でも510円で、後者は対面で届けてもらえます。

スマートレターはA5サイズの厚紙封筒で、厚さ2cmまで、重さ1kgまでのものが180円で郵送できます。送り先のポストへの投函です。

未使用の切手やはがきの交換手数料

郵便局に提出するはがき類1枚ごとに手数料が発生し、種類によって金額が異なります。また、一部を除いてはくじ付きはがきや特殊切手への交換はできません。

はがきや切手を提出・交換

10円以上の切手や通常のはがき(62円)1枚につき5円の手数料を現金で支払えば、別の商品と交換できます。10円未満の切手やはがきの場合は、合計額の半額を支払わなければなりません。

特殊切手(限定販売の切手や記念切手)は通常の切手と同じ扱いとなります。

たとえば、書き損じはがきを6枚(62円×6枚=372円)持っていけば、レターパック360と交換可能です。その際、現金で6枚×5円=30円の手数料を支払います。

差額と手数料で42円かかりますが、書き損じて使えないはがきがレターパックに変わるのはうれしいですね。

くじ付きはがきを提出・交換

交換にかかる手数料ははがきと同様5円です。通常のはがきと違うのは、販売期間中の交換ではくじ付きはがきへ交換できる点です。

たとえば、年末にくじ付き年賀はがきを書き損じてしまった場合、まだ年賀はがきの販売期間中なので5円の手数料を支払えば新しいくじ付き年賀はがきと交換できます。

しかし1年前のくじ付き年賀はがきは販売が終わっていますので、新しいくじ付き年賀はがきには交換できません。

往復はがきや郵便書簡を提出・交換

1枚につき10円の手数料を支払います。たとえば往復はがき1枚(124円)をはがき2枚(62円×2=124円)と交換する場合、現金で10円の手数料がかかります。

特定封筒を提出・交換

1枚の交換で41円の手数料がかかります。たとえば、レターパック360の封筒1枚を82円切手に交換する場合、41円を現金で支払い82円切手4枚(82円×4=328円)を受け取ります。

無料で交換できるケース

実は手数料を支払わずに交換できる場合があります。

  • くじ付きはがきの誤購入
  • 近親者の不幸による服喪

くじ付きはがきには無地のものやインクジェット対応、写真用紙など種類がありますが、誤って購入してしまった場合は無料で交換できます。汚れがなく再販売できる状態にあることが条件です。

また、交換したいはがきの額面に過不足がある場合は不足分を現金で支払うか、過剰分は切手での払い戻しになります。

インクジェット紙や写真紙は空気に触れると劣化する恐れがあるので、袋を開封した時点で無料交換ができなくなってしまいます。その場合、交換は有料です。また、年度をまたぐことはできません。

親戚に不幸があり、くじ付き年賀はがきを使わなくなったときは、年賀はがきの販売期間内に限り、手数料を支払わずに切手やはがきなどの商品と交換できます。交換するときには、ご不幸があった方のお名前や続柄を記入する必要があります。


-切手買取の知識

Copyright© とにかく!切手買取業者の徹底比較ガチで高額買取のランキング一押し , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.