とにかく!どんな切手でも一円でも高く買取ってもらうための業者選び

買取業者による切手の得意・不得意とその汚れ具合が価格に与える影響。手元にある切手を見て、それを一番高く買取ってもらうための業者選びランキング形式のまとめ

切手業者

切手業者が利幅を決める買取査定のカラクリ

更新日:

切手業者が行う査定は買取価格をいくらにするかを決めるものです。

金券ショップはこれを切手の額面に対する買取レートで設定しています。現行切手シートを中心に買取りを行っているため、査定は原則的に不要です。そのまま店頭に持っていくか、郵送すれば買い取ってくれます。

一方、プレミアム切手の場合には査定が必要です。その切手の状態や種類によって、買取り額が異なってくるからです。この査定には仮査定と本査定がありますが、どちらもほとんどの場合、査定料は無料です。

仮査定は買い取りを前提としない査定

仮査定は買取りを前提としないため通常メールやLINEによって商品の画像を送ることでおこなわれます。

査定員が実際に商品を見るわけではないので簡易査定などとも呼ばれ「あなたの切手はこの位の価値がありますから、今後の参考にしてくださいね」といったところです。

この仮査定は実は、業者にとって大きなメリットがあります。それは利用者がどのような切手を持っているかを見定めることができるからです。

一方、利用者にとっても買い取ってもらいたい切手の相場を知ることができるのでありがたいです。相見積もりをとって一番高いことろに売ることもできます。

「今は売る気がないけどその価値は知っておきたい」といった場合にも役立ちます。

本査定は買い取り交渉のための査定

買い取り交渉ということになれば本査定となります。本査定は事前に切手の状態や量などを電話によりヒアリングしたうえで行われます。

出張買取であれば査定員が出先におもむいて行われます。また宅配買取や持ち込み買取であれば業者の店舗や事業所などで行われます。

本査定は買取交渉ですから金額の折り合いが付かなければキャンセルできます。この場合でも費用をとらない業者がほとんどです。

なお査定だけでもOKという業者もありますが、これは査定金額に納得できなければキャンセルOKですという意味です。(仮査定とは違います)

切手業者の思惑と利幅を決める買取査定

業者は仕入れた切手に利益を上乗せして販売していますが、良心的な業者はこの利幅が少ないといえます。

しかし従来の切手商に見られるように、切手をお店に展示してお客さんが来るのを待つというスタイルでは、この利幅も大きく取られざるを得ないでしょう。

反対に規模が大きい業者は販路が豊富なため、選り好みせずに、高く買い取ってくれる傾向にあります。

無店舗型で全国展開しているバイセルはその点、スケールメリットを最大限に活かしているといえるでしょう。

みどり矢印


-切手業者

Copyright© とにかく!どんな切手でも一円でも高く買取ってもらうための業者選び , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.