とにかく!切手買取業者の徹底比較ガチで高額買取のランキング一押し

買取業者による切手の得意・不得意とその汚れ具合が価格に与える影響。手元にある切手を見て、それを一番高く買取ってもらうための業者選びランキング形式のまとめ。実際に業者ごとに切手買取の価格を調査して比較しています。

買取の知識

インターネットを利用して簡単に相見積もりを取る方法

投稿日:

今は、インターネットを利用して手軽に相見積もりを取ることができるようになってきました。買い取り業者のWebページから仮査定を申し込むことができる業者も多くあります。
これらのサービスを利用すれば、実店舗に足を運んだり、宅配買取の訪問に対応するよりも、格段に少ない手間で相見積もりを取ることができます。インターネットを利用した方法には、メールでの査定とLINEを利用した査定があります。

手軽さなら、メール査定よりLINE査定が断然おすすめ!

インターネット上での査定サービスでは、メール査定が最も一般的です。
店舗に出向く手間がないこと、24時間自分の都合に合わせて申し込みができる点は大きなメリットです。
しかし、メールによる査定の場合、査定してもらう切手の画像を送らなければなりませんが、その際、容量によっては何通にも分けて送る必要があります。

また、メールの場合は査定結果の返信が来るまでに時間がかかることも多いです。回答は電話で来る、という業者も多く存在しているので、強引に買取を迫られたり、返答の電話に出るために時間や都合も調整しなくてはならず、やや面倒です。

対して、LINEによる査定の場合は、スマホで写真を撮影して、そのまま送信できますし、査定結果もLINEで受け取ることができるので、これらの手間を大きく省けます。よって、LINE査定が断然おすすめだ、と言えます。

LINE査定の手順は簡単です

まずは、買い取り業者をLINEの友だちとして追加登録します。
その後、スマホのカメラで撮影した切手の画像を、チャット画面に張り付けて送信すれば依頼完了です。
PCで業者を探している場合も、WebページにあるQRコードをスマホで読み取れば、LINEにアクセスできます。
回答もLINEで来ますので、24時間いつでも好きな時に確認することができます。
ブログを運営している場合は、切手の画像を掲載したページを作成するのも良いでしょう。
その場合、LINEにブログ記事のURLを張り付ければ、簡単に査定ができます。
そうすれば、何回にも渡って写真をアップロードする手間が省けるうえに、通信量を節約することもできます。
なお、査定の際に切手の種類を事前に調べておく必要はありません。
切手の画像が適切であれば、問題なく査定してもらえます。

見積もり用の写真を撮る際の注意点

前項でも触れているように、メールやLINEでの見積もりではこちらから送った画像を元に査定されます。この時、写真に不備があると、撮り直しの手間がかかることがあります。
そのようなことを避けるため、写真撮影の際に注意した方がいい点を紹介します。

写真は裏表、状態のよくない部分も撮影する

切手の状態が良くない場合でも、ありのままを撮影するようにしましょう。
できるだけ高く買い取ってほしいと思うと、できる限りきれいに写るように工夫して撮影してしまいがちです。
ですが、写っていない部分、特にそれが裏面だとシミや汚れがあるのでは、と思われ、撮り直しを依頼されることがあります。
あるいは、実物を送った際に思わぬ難が見つかり、トラブルに発展する可能性もあります。
切手は裏面の状態も重視されますから、見積もり依頼の際には、表面だけでなく必ず裏面の写真も送付するようにしましょう。

セロファンなどの袋から取り出して撮影する

切手コレクションの中にはセロファンなどに包まれて保管されているものもあります。
しかし、写真を撮るときにはそのような袋から取り出すことをおすすめします。
入れたまま撮影してしまうと、照明の光を反射してしまい、不鮮明な写真になったり、一部白く写ってしまったりします。
このような写真では正確な査定が難しいため、撮り直しを依頼される可能性が高くなるからです。

はっきり写った写真を用意できないときは

携帯のカメラ性能の問題等、どうしても画像が鮮明に撮れない場合もあると思います。
そういう場合は、写真が用意できないことを明記したうえで、手元の切手の状態をできるだけ詳細に文章で伝えるようにしましょう。この時も、綺麗な部分だけでなく、難がある場合はその詳細も伝えましょう。

依頼する業者を決めるポイント

複数の業者にLINE査定してもらったら、その中から依頼する業者を選びます。
その際、買い取り価格が高い業者を選ぶのはもちろんですが、業者の対応もよく見ておきましょう。
例えば、切手の知識があり、普段から適切な買い取りを行っている業者であれば、LINEの画像だけでも適正価格で査定してもらえます。
逆に、LINE査定ができると謳っておきながら、「実際に切手を見てみないと分からない」と言われた場合には、注意が必要です。
依頼する業者を決めたら、自宅まで出張してもらうか、切手を宅配で送るか、店舗に足を運んで買い取ってもらいましょう。

ちなみにLINE査定の場合は、業者によっLINE専用の番号が発行される場合があります。
LINEでの査定後に、店頭買い取りしてもらう場合は、お店の人にこの番号を先に伝えておきましょう。
こうすることで、店頭でもLINEで査定してもらった金額と同じ金額で買い取りしてもらえます。

手元の切手をできるだけ高く売るために

最後に、実際に見積もりを取る際に使えるちょっとしたテクニックを紹介します。

相見積もりであることを伝える

買い取り業界は、相見積もりされることが前提の業界です。
そのため、査定の際には相見積もりであることを率直に伝えましょう。
業者側も相見積もりされることに慣れているので、遠慮して隠す必要はありません。
むしろ、相見積もりであることを伝えておくことで、他社に負けまいと頑張ってもらえますし、買い取り価格のアップにもつながります。

他にも売却を検討している品物があると伝える

様々なジャンルの物を扱っている業者の場合は、「着物も売るので、切手の買い取り価格を上げてほしい」というように、切手以外の物を使って、交渉してみるのも一つの方法です。
今回満足のいく査定結果が出れば、他にも売れるものがありますよ、という意思を相手に伝えるということです。相手がその品物に興味を持ってくれれば、査定額に少し上乗せしてもらえるかもしれません。

どうせ売るのならば、できるだけ高く売りたいですよね。
切手の売却にはコツがあります。今回紹介した情報を参考に、相見積もりをしっかり取り、賢く活用してください。


-買取の知識

Copyright© とにかく!切手買取業者の徹底比較ガチで高額買取のランキング一押し , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.