とにかく!どんな切手でも一円でも高く買取ってもらうための業者選び

買取業者による切手の得意・不得意とその汚れ具合が価格に与える影響。手元にある切手を見て、それを一番高く買取ってもらうための業者選びランキング形式のまとめ

買取の価格・レート

プレミアムが付く古い普通切手や記念切手の買取価格の相場一覧

更新日:

記念切手を含むプレミアム切手の買取価格の目安と評価額(販売価格)を紹介します。プレミアム切手とは額面以上に価値が付く切手のことですが、ここでは額面に関わらず300円以上で買い取ってもらえそうなものを一覧にしました。(一部例外あり)

シートであれば買取価格が300円以下でもかなりの額になります。ここでは紹介しきれませんので、業者査定による相見積もりを出してもらうことをお勧めします。

お手元の切手がどのくらいの価格で売却できるかの判断材料にしてみてはいかがでしょうか?

切手の買取価格について

切手の買取価格は業者の需要によって大きく左右されます。在庫があるのに人気がないものは買取価格が安くなりますし、逆に人気があるのに品薄であれば価格は高くなります。そのため切手の評価額の何%といったように一律に決めることはできません。下記に示している価格は買取、販売ともヒンジ跡や汚れのない未使用完品(美品)での目安です。並品は美品の半値程度になると思っていいでしょう。

切手の種類と買取価格一覧

明治・大正時代の普通切手の買取価格について

明治・大正時代の切手は希少価値が高いので、普通切手でも買取価格が高くなる傾向にあります。なかでも明治時代に初めて発行された竜切手は、手彫りによる銅版印刷の技術が使われている希少性の高いプレミアム切手です。そのほかにも桜切手や震災切手など種類が豊富です。
買取価格(販売価格)

竜文切手48文竜文切手48文
1万5千円(3万円)
竜文切手200文竜文切手200文第二版
10万円(15万円)
竜銭切手半銭第2版竜銭切手半銭第2版
7千円(1万円)
竜銭切手壱銭第2版竜銭切手壱銭第2版
3万円(5万円)
桜洋紙カナ入り半銭イ桜洋紙カナ入り半銭イ
1千500円(5千円)
※桜切手は多種多様で買取価格も大きく異なります。「桜洋紙カナ入り2銭ソ」1万5千円(2万円)「桜洋紙カナ入り四銭イ」18万円(23万円)など。
鳥切手鳥切手四十五銭イ
3万円(4万円)
※鳥切手は種類により買取価格が異なります。
「鳥切手12銭ハ」20万円(27万円)「鳥切手45銭ハ」6万円(8万円)など。
旧小判切手旧小判切手 6銭
1万5千円(3万円)
U小判切手U小判切手 5銭
3千円(9千円)
新小判切手25銭新小判切手 25銭
6千円(1万5千円)
菊切手1銭5厘菊切手 1銭5厘
1千円(4千円)
菊切手50銭菊切手 50銭
8千円(1万5千円)
菊切手1円菊切手 1円
1万円(2万5千円)
大正白紙2銭田沢切手 大正白紙2銭
2千円(5千円)
大正白紙10銭田沢切手 大正白紙10銭
1万3千円(3万円)
震災切手 5厘震災切手 5厘
500円(1千円)
震災切手 20銭震災切手 20銭
5千円(1万円)
風景切手 1次10銭
1千円(2千円)
風景切手昭和白紙6銭風景切手昭和白紙6銭
1千円(2千円)

昭和時代の普通切手の買取価格について

プレミアムが付く昭和の普通切手は、戦前から戦争直後までに発行された第一次から第三次までの昭和切手を始め、1960年位までに発行された新昭和切手のなかに多く存在します。

産業図案切手や富士鹿切手など、種類によってはかなりの高値がつけられるものもあり、マニアの間で高い人気を誇っています。

買取価格(販売価格)

藤原鎌足5円1次昭和藤原鎌足5円
2千円(4千円)
コイル14銭1次昭和コイル14銭
6千円(1万5千円)
2次昭和少年兵15銭2次昭和少年兵15銭
100円(400円)
新高額切手昭和白紙5円新高額切手昭和白紙5円
2万5千円(5万円)
3次昭和水色10銭3次昭和水色10銭
1千円(2千500円)
1次新昭和金魚5円1次新昭和金魚5円
300円(1千円)
1次新昭和能面50円1次新昭和能面50円
5千円(9千円)
2次新昭和 前島1円2次新昭和 前島1円
200円(400円)
2次新昭和 塔30銭2次新昭和 塔30銭
500円(1千円)
2次新昭和 捕鯨5円2次新昭和 捕鯨5円
400円(1千200円)
3次新昭和 清水寺2円3次新昭和 清水寺2円
400円(800円)
昭和透無し製鋼100円昭和透無し製鋼100円
2万円(5万円)
昭和透無し郵配達30円昭和透無し郵便30円
1万3千円(2万2千円)
昭和透無し 農婦2円昭和透無し 農婦2円
100円(300円)
昭和透無し炭坑夫8円昭和透無し炭坑夫8円
1千円(3千円)
産業図案 汽車500円産業図案 汽車500円
2万5千円(6万円)
産業図案 植林20円産業図案 植林20円
2千円(4千円)
1次動植物 平等院24円
1次動植物 平等院24円
1千円(2千500円)
1次動植物 姫路城14円1次動植物 姫路城14円
2千円(5千円)
1次動植物 菩薩像50円1次動植物 菩薩像50円
7千円(1万5千円)
2次動植物 金魚35円2次動植物 金魚35円
5oo円(1千円)
2次動植物 鵜飼100円2次動植物 鵜飼100円
1千500円(3千円)
2次動植物八ツ橋500円2次動植物八ツ橋500円
3千円(6千円)
3次動植物 風神90円
1千円(2千円)
富士鹿切手 新改色8銭富士鹿切手 新改色8銭
2千円(4千円)
富士鹿切手 新改色20銭富士鹿切手 新改色20銭
5千円(1万5千円)
富士鹿切手 旧改色4銭富士鹿切手 旧改色4銭
1万円(2万5千円)
富士鹿切手 旧改色8銭富士鹿切手 旧改色8銭
3万円(8万円)

記念切手の買取価格について

記念切手とは、皇室の行事などを含めた国家的イベントが開催されるタイミングで発行される切手のことです。古くは日露戦争の勝利を記念して発行されたものや、郵便記念切手など、その種類は豊富です。

しかし、プレミアム価値が高いのは1960年以前に発行されたものがほとんどで、時代が古くなるほど評価額も高くなる傾向にあります。なかでも「飛行郵便試行」や「儀式のかんむり」(裕仁立太子礼)などは有名で、買取価格も2~3万円と高額です。

買取価格(販売価格)

関東局始政三十年10銭関東局始政三十年10銭
1万円(3万円)
大正婚儀 3銭大正婚儀 3銭
2千円(5千円)
日清戦争勝利北白川日清戦争勝利北白川5銭
5千円(1万5千円)
明治銀婚2銭明治銀婚2銭
3千円(9千円)
日韓通信合同日韓通信合同3銭
7千円(2万円)
立太子礼10銭裕仁立太子礼10銭
3万円(5万円)
日露戦争凱旋観兵式3銭日露戦争凱旋観兵式3銭
5千円(1万2千円)
大正大礼10銭大正大礼10銭
4千円(1万2千円)
>大正大礼 4銭大正大礼 4銭
2千円(4千円)
大正銀婚 20銭大正銀婚 20銭
4千円(8千円)
飛行郵便試験 1銭5厘飛行郵便試験 1銭5厘
2万円(6万円)
飛行郵便試験 3銭飛行郵便試験 3銭
3万円(7万円)
便創始五十年郵便創始五十年 10銭
5千円(1万円)
郵便創始80年郵便創始80年シート
1千円(2千500円)
万国郵便連合加盟万国郵便連合加盟 10銭
3千円(7千円)
明治神宮鎮座記念明治神宮鎮座記念 3銭
200円(600円)
平和条約調印24円平和条約調印24円
700円(2千円)
日本赤十字社創立75年日本赤十字社創立75年
600円(1千500円)
東京天文台創立75年東京天文台創立75年
600円(1千500円)
東京大学創立75年東京大学創立75年
700円(2千円)
東京切手展小型シート

東京切手展小型シート
3千円(7千円)

帝国議会議事堂10銭

帝国議会議事堂10銭
1千円(2千円)

紀元2600年記念10銭紀元2600年記念10銭
500円(1千円)
第15回赤十字国際10銭第15回赤十字国際10銭
1千円(2千500円)
赤十字条約75年20銭赤十字条約75年20銭
1千円(2千500円)
世界平和記念4銭世界平和記念4銭
1千円(3千円)
世界平和記念10銭世界平和記念10銭
5千円(1万3千円)
昭和大礼10銭昭和大礼10銭
500円(1千円)
児童憲章制定児童憲章制定
1千円(3千円)
皇太子帰朝記念4銭皇太子帰朝記念4銭
1千円(5千円)
太子帰朝記念10銭皇太子帰朝記念10銭
1千200円(6千円)
京都切手展小型シート京都切手展小型シート
1千円(3千円)
第1回国勢調査 1銭5厘第1回国勢調査 1銭5厘
500円(2千円)
裕仁台湾訪問 3銭裕仁台湾訪問 3銭
1千円(5千円)
>郵便創始75年小型シート郵便創始75年シート
5千円(1万円)
犬山こども博覧会犬山こども博覧会シート
3万円(6万円)

特殊切手の買取価格について

特殊切手とは、日本の文化や自然などをシリーズで紹介するために発行されたものです。国宝や浮世絵など内容は多岐に渡りますが、買取価格は残念ながらそれほど高くありません。

しかし、初期の頃に発行された観光地百選や、文化人シリーズは高値で取引されています。また、切手趣味週間シリーズで発行された有名な「月に雁」もプレミアム価格が付いています。ほかには国体シリーズなど特殊切手には買取価格が高いものもあります。

切手趣味週間

切手趣味週間は、切手の文化的な価値とその収集を促進させるために、1947年に始められました。郵政記念日に当たる4月20日を含めた1週間が、そのキャンペーン期間となります。有名なのが「月に雁」や「見返り美人」です。

この2枚は日本の文化を象徴するものとして、発行当時から人気が高く、今でも高値で取引されています。その他にも「ビードロを吹く娘」など浮世絵の美しさを際立たせた切手の人気は、広く海外にまで及びます。

買取価格(販売価格)

月に雁月に雁
3千円(9千円)
見返り美人見返り美人
1千500円(6千円)
えび蔵えび蔵
300円(700円)
ビードロを吹く娘ビードロを吹く娘
300円(500円)

国際文通週間

国際文通週間は1958年に始まったシリーズです。世界平和と、文通による世界の人々との交流を図ることを目的としています。現代では文通という習慣は廃れましたが、それでもメールやSNSによってその目的は果たされています。

国際文通週間の切手は、世界交流の礎となったという意味で高く評価されています。なかでも日本の景色や風俗を紹介した東海道五十三次の「蒲原」(昭和35年)の発行枚数は500万枚と、シリーズの他の切手に比べてかなり少ないため、この時代の切手にしては買取価格が高めです。

買取価格(販売価格)

蒲原国際文通週間 蒲原
500円(1千円)
桑名国際文通週間 桑名
300円(700円)

国体シリーズ

国体シリーズの切手は第2回の大会から発行され、第10回までの切手に高いプレミアムが付いています。なかでも第5回のものは発行枚数が100万枚と極端に少ないため高額での買取が期待できます。現在の国体切手が3000万枚単位で発行されているのと比べ、いかに少ないかがお分かりいただけると思います。

古い国体切手のレトロ感溢れるたたずまいは、多くの切手ファンを魅了しています。もし、この国体シリーズをシートでお持ちならば、是非査定に出してみることをお勧めします。マニアならずともその価値の高さに大いに満足されることでしょう。

買取価格(販売価格)

第2回国体 4種田型第2回国体 4種田型
3千円(7千円)
第3回国体 4種田型第3回国体 4種田型
2千円(6千円)
第4回国体 4種田型第4回国体 4種田型
1千円(3千円)
第5回国体4種田型第5回国体 4種田型
1万円(2万円)
6回国体 2種ペア

第6回国体 2種ペア
300円(800円)

7回国体 2種ペア

第7回国体 2種ペア
1千円(3千円)

第8回国体 2種ペア

第8回国体 2種ペア
700千円(2千円)

第9回国体 2種ペア

第9回国体 2種ペア
400円(1千円)

第10回国体 2種ペア第10回国体 2種ペア
300円(700円)

文化人シリーズ

文化人切手シリーズは1949~52年の間に発行された「夏目漱石」など高い業績を残した文化人の肖像を切手のデザインにしたものです。特筆すべきは全18種のうち13種の切手において800円以上と高いプレミアムがついていることです。戦後発行された切手としては買取価格はけっこうな高値です。

なかでも「西周」(にしあまね)をデザインしたものは未使用のものが少なく、他のものに比べてその評価額は群を抜いています。バラ切手でも6千円は下らず、買取価格も3千円以上とかなりの高額です。

買取価格(販売価格)

野口英世野口英世
400円(900円)
市川団十郎市川団十郎
500円(1千円)
狩野芳崖狩野芳崖
500円(1千円)
内村鑑三内村鑑三
500円(1千円)
樋口一葉樋口一葉
700円(2千円)
森鴎外森鴎外
1千円(3千円)
正岡子規正岡子規
700円(1千500円)
菱田春草菱田春草
700円(1千500円)
西周西周
3千円(6千円)
梅謙次郎梅謙次郎
500円(1千円)
新渡戸稲造新渡戸稲造
300円(800円)
寺田寅彦寺田寅彦
300円(800円)
岡倉天心岡倉天心
300円(800円)

観光地百選シリーズ

観光地百選シリーズは1951年から2年間、日本の観光地を紹介するために発行された切手です。全20種すべて揃ったものは、美品で3万円以上で取引されています。

なかでも「日本平からの富士24円」は発行枚数が50万枚と極端に少ないため、バラでも数千円での買取が期待できます。特に20枚シートでの買取価格は20万円を超えており、いかに貴重な切手であるかがお分かりいただけると思います。

買取価格(販売価格)

蔵王8円蔵王8円
800円(1千600円)
日本平8円日本平8円
1千円(2千円)
赤目四十八滝8円赤目四十八滝8円
500円(1千円)
昇仙峡8円昇仙峡8円
700円(1千500円)
長崎8円長崎8円
500円(1千円)
菅沼丸沼8円菅沼丸沼8円
700円(1千500円)
和歌浦8円和歌浦8円
300円(700円)
宇治川8円宇治川8円
400円(800円)
箱根温泉8円箱根温泉8円
600円(1千200円)
錦帯橋10円錦帯橋10円
500円(1千円)
長崎24円

長崎24円
500円(1千円)

菅沼丸沼24円

菅沼丸沼24円
400円(800円)

蔵王24円蔵王24円
1千円(2千円)
日本平24円日本平24円
6千円(1万2千円)
赤目四十八滝24円赤目四十八滝24円
800円(1千600円)
昇仙峡24円昇仙峡24円
1千円(2千円)
和歌浦24円和歌浦24円
400円(900円)
宇治川24円宇治川24円
400円(800円)
箱根温泉24円箱根温泉24円
500円(1千円)
錦帯橋24円錦帯橋24円
500円(1千円)
日本平24円シート日本平24円シート
8万円(20万円)

第一次国立公園切手

第一次国立公園切手(1936年~1956年)は、国立公園を紹介するために発行がスタートしました。

どれも発行枚数が少なく、中央に紋章が入っているとても格調の高い切手です。色は茶・緑・赤・青に統一されており、現代の多色刷りには見られない趣があります。

中でも買取価格が高いのは戦前の第7回発行までのもので、富士箱根、日光、大山瀬戸内、阿蘇、大雪山などがあります。とくに阿蘇20銭の買取価格は数千円になる場合もあり、マニアの間での人気の高さをうかがわせます。(※戦前は銭位)

さらに、忘れてはならないのが公園小型シートです。これは第2回の日光国立公園から採用された4枚連刷りの小型シートで、大雪山と霧島のものは、買取価格が1万円を超えます。

また戦後に発行されたものの中では、中部山岳10円の価値が一番高く、一枚数千円で取引されています。買取価格は3千円位です。

買取価格(販売価格)

戦前の公園シリーズ(第1回~第7回)

富士箱根 1銭5厘富士箱根 1銭5厘
500円(1千円)
富士箱根 3銭富士箱根 3銭
700円(1千500円)
富士箱根 6銭富士箱根 6銭
2千円(4千円)
富士箱根 10銭富士箱根 10銭
1千300円(3千円)
日光 10銭日光 10銭
1千500円(3千円)
日光 20銭日光 20銭
1千円(2千500円)
大山瀬戸4銭大山瀬戸 4銭
500円(1千円)
大山瀬戸 10銭大山瀬戸 10銭
1千円(2千500円)
大山瀬戸 20銭大山瀬戸 20銭
1千円(2千500円)
阿蘇 4銭阿蘇 4銭
500円(1千円)
阿蘇 10銭阿蘇 10銭
3千円(6千円)
阿蘇 20銭阿蘇 20銭
5千円(9千円)
大雪山 10銭大雪山 10銭
1千円(3千円)
大雪山 10銭大雪山 20銭
2千円(4千円)
霧島 10銭霧島 10銭
800円(2千円)
霧島 20銭霧島 20銭
1千200円(3千円)
台湾大屯新高 10銭台湾大屯新高 10銭
800円(2千円)
台湾大屯新高 20銭台湾大屯新高 20銭
1千200円(3千円)
台湾次高タロコ 10銭台湾次高タロコ 10銭
800円(2千円)
台湾次高タロコ 20銭台湾次高タロコ 20銭
1千200円(3千円)

戦後の公園シリーズ

中部山岳 5円中部山岳 5円
300円(800円)
中部山岳 10円中部山岳 10円
2千円(4千円)
中部山岳 24円

中部山岳 24円
700円(1千500円)

磐梯朝日 10円

磐梯朝日 10円
800円(2千円)

磐梯朝日 24円磐梯朝日 24円
700円(1千500円)
富士箱根 24円富士箱根 24円
400円(1千円)
十和田 8円十和田 8円
400円(1千円)
十和田 14円十和田 14円
700円(1千500円)
吉野熊野10円吉野熊野 10円
1千円(2千400円)
十和田 24円十和田 24円
700円(1千500円)
阿寒14円阿寒14円
7千円(2千円)
阿寒24円阿寒24円
7千円(2千円)

公園小型シート

公園小型シートの魅力はその買取価格の高さにあります。たとえば中部山岳国立公園の小型シートの買取価格は数千円になりますが、これはシートに含まれる切手4枚の買取価格の合計を大きく上回っています。

買取価格(販売価格)

秩父多摩秩父多摩
700円(2千円)
西海西海
700円(2千円)
伊勢志摩伊勢志摩
1千円(2千500円)
雲仙雲仙
1千円(2千500円)
信越上信越
1千円(2千500円)
陸中海岸陸中海岸
1千円(2千500円)
吉野熊野吉野熊野
1千500円(4千円)
大山瀬戸大山瀬戸
3千円(9千円)
十和田十和田
2千500円(6千円)
支笏洞爺支笏洞爺
2千円(5千円)
阿蘇阿蘇
5千円(1万円)
富士箱根富士箱根
2千500円(8千円)
阿寒
2千500円(8千円)
台湾次高タロコ台湾次高タロコ
5千円(1万円)
台湾大屯新高台湾大屯新高
5千円(1万円)
中部山岳中部山岳
6千円(1万2千円)
磐梯朝日磐梯朝日
6千円(1万2千円)
霧島霧島
1万2千円(3万5千円)
大雪山大雪山
1万円(3万円)
日光日光
3千円(9千円)

航空切手

航空切手は1929年に発行がスタートした航空郵便専用の切手です。芦ノ湖航空、キジ航空、五重塔航空、立山航空、大仏航空などがあります。

芦ノ湖航空

芦ノ湖航空は、国内と日韓の間で始まった航空郵便の正式運用に伴い発行された最初の航空切手です。

5種類あり、とくに買取価格が高いのがこのうちの4種(9銭5厘、16銭5厘、18銭、33銭)を組み合わせた、逓信記念日制定を祝した記念小型シートです。発行枚数が2万枚と極端に少ないため、評価額も軽く10万円を超えます。

ヤフオクなどのオークションサイトでは13万円程度で取引されているようです。ただし、切手の状態により大きくその価値が変わってくるので、専門の切手業者に査定を依頼してから出品した方がよいでしょう。

買取価格(販売価格)

芦ノ湖航空 8銭5厘芦ノ湖航空 8銭5厘
3千円(7千円)
芦ノ湖航空 9銭5厘芦ノ湖航空 9銭5厘
1千円(3千円)
芦ノ湖航空 16銭5厘芦ノ湖航空 16銭5厘
600円(2千円)
制定記念小型シート制定記念小型シート
5万円(13万円)
芦ノ湖航空 18銭芦ノ湖航空 18銭
1千円(3千円)
芦ノ湖航空 33銭芦ノ湖航空 33銭
2千円(5千円)

キジ航空

キジ航空は、1950年にGHQにより外国郵便業務が認められるようになり発行された航空切手です。このときはまだに航空機の所有が認められていなかったためデザインがキジになっています。16円、34円、59円、103円、144円の5種類が発行され、なかでも59円と144円の買取額が高くなっています。

買取価格(販売価格)

キジ航空16円キジ航空16円
1千円(5千円)
キジ航空 34円キジ航空34円
1千円(5千円)
キジ航空59円キジ航空59円
2千円(7千円)
キジ航空103円キジ航空103円
1千円(5千円)
キジ航空144円キジ航空144円
2千円(7千円)

五重塔航空(銭位・円位)と大仏航空

五重塔航空は、大仏と航空機を組み合わせたデザインの切手です。国内での航空機の使用が認められた1951年に銭位タイプが発行されましたが、翌年には貨幣単位の変更に伴い、円位が発行されました。

五重塔航空の中でも価値が高いのが銭位4種の20円、25円、30円、40円と円位の20円切手です。また額面30円のみ両端を切り揃えたコイル切手も発行されており、発行枚数もたった15万枚と少ないため買取価格も高めです。

一方、大仏航空は1953年に発行された国内最後の航空切手です。航空機に大仏と富士山をあしらったデザインで4種類が発行されました。これ以降、航空切手は速達郵便に組み込まれて一本化され、消滅しました。

なお大仏航空は額面145円のみ買取価格が高くなっているため、シートで持っている場合はお宝の値段で買い取ってもらえるかもしれません。

買取価格(販売価格)

五重塔航空(銭位)20円五重塔航空(銭位)20円
1千円(3千円)
五重塔航空(銭位)25円五重塔航空(銭位)25円
1千500円(5千円)
五重塔航空(銭位)30円五重塔航空(銭位)30円
1千200円(4千円)
五重塔航空(銭位)40円五重塔航空(銭位)40円
500円(1千円)
>五重塔航空(円位)20円五重塔航空(円位)20円
2千円(7千円)
五重塔航空コイル30円五重塔航空コイル30円
2千円(7千円)
大仏航空145円大仏航空145円
700円(2千円)
大仏航空145円シート大仏航空145円シート
1万5千円(4万円)

お年玉切手シート

お年玉切手シートは年賀状のお年玉プレゼント(クジ付き)の景品としてもらえるものです。昭和25年に発行されたシリーズ第一弾の「応挙の虎」は、その枚数が90万枚弱と極端に少ないため、かなりのプレミアムが付いています。

その後発行された昭和29年までのシートも赤と白の単色刷りになっており、昭和を感じさせるデザインは多くの切手ファンを魅了してやみません。発行枚数はそこそこであったものの現存数が少ないため、とても高い価格で買い取られています。

昭和35年以降はその年の干支に因んだ絵柄となっていますが現存数が多く、買取価格も低めです。

買取価格(販売価格)

昭和25年 応挙の虎昭和25年 応挙の虎
5千円(1万円)
昭和26年 少女と兎昭和26年 少女と兎
3千円(6千円)
昭和27年 翁の面昭和27年 翁の面
6千円(1万4千円)
昭和28年 三番鼠昭和28年 三番鼠
7千円(2万円)
昭和29年 三春駒昭和29年 三春駒
3千円(6千円)
昭和30年 だるま昭和30年 だるま
2千500円(5千円)
昭和31年 こけし昭和31年 こけし
2千円(4千円)
昭和32年 だんじり昭和32年 だんじり
600円(1千400円)
昭和33年 犬張子昭和33年 犬張子
300円(600円
昭和34年 鯛えびす昭和34年 鯛えびす
300円(600円)
昭和35年 米喰ねずみ昭和35年 米喰ねずみ
300円(600円))
昭和36年 赤べこ昭和36年 赤べこ
200円(500円)
張子とら昭和37年 張子とら
200円(500円)
ごみ土鈴昭和38年 ごみ土鈴
200円(500円)
昭和39年 竜神と辰昭和39年 竜神と辰
200円(500円)

年賀切手

年賀切手は年賀状などに貼って使用するもので、昭和11年に初めて発行されました。今でこそ干支がモチーフになっていますが、当時はお正月らしいデザインとして富士山やしめ飾りなどが選ばれています。

途中、戦争のため発行が中断されましたが、昭和24年に再び発行され現在に至っています。

なかでも価値が高いのが戦前に発行された3種(富士山、二見ヶ浦、しめ飾り)です。どれも単片で1千円~2千円の値が付いています。富士山の20面シートになると買取価格が5万円と大きく跳ね上ります。

戦後に発行されたもののなかでは応挙の虎と翁の面の価値がともに高く、極美品ともなれば単片で1000円ほどの買取価格になる場合もあります。

これらの年賀切手は昭和初期に発行されたものであることから、日本独特の風情をかもし出しており、その趣は海外のマニアにとってもたまらない魅力となっています。

買取価格(販売価格)

昭和11年 富士山昭和11年 富士山
1千円(2千円)
昭和12年 二見ヶ浦昭和12年 二見ヶ浦
500円(1千円)
昭和13年 しめ飾り昭和13年 しめ飾り
1千円(2千円)
昭和24年 羽根つき昭和24年 羽根つき
300円(600円)
昭和25年 応挙の虎昭和25年 応挙の虎
500円(1千円)
昭和26年 少女と兎昭和26年 少女と兎
300円(600円)
昭和27年 翁の面昭和27年 翁の面
700円(1千500円)
昭和28年 三番鼠昭和28年 三番鼠
500円(1千円)
昭和29年 三春駒昭和29年 三春駒
300円(600円)
昭和30年 だるま昭和30年 だるま
200円(400円)
昭和11年 富士山20面シート富士山20面シート
5万円(10万円)

中国切手の買取価格について

中華人民共和国が建国された1949年以降に発行された切手が中国切手です。なかでも80年代までに発行された「赤猿」「毛沢東」「牡丹」「梅蘭芳舞台芸術シート」「オオパンダ」「少年よ、子供の頃から科学を愛そう」に高いプレミアムが付いています。

この時代は文化大革命(1966年から1977年)の混乱期で経済活動が制限されており、海外への郵便も制限されていました。そのため現存する切手の枚数が少なく、買取価格も高くなっています。

赤猿(子ザル)

赤猿の正式名称はT46 年賀切手(申)といい中国の旧正月の干支である申にちなんで1980年に発行された手です。当初予定されていた発行枚数を大幅に下回る500万毎が発行され、とても希少な切手となりました。

赤猿は模造品が多く、逆に裏にインク漏れがしているほうが本物であったりします。買取価格の相場は8万円から12万円といったところでしょう。現在もなお投機の対象として高値が続いています。

買取価格(販売価格)

赤猿赤猿(子ザル)
10万円(20万円)
赤猿80枚シート赤猿80枚シート
400万円(800万円)

毛沢東シリーズ

文革切手である毛沢東は、海外への持ち出しも収集することも禁止されていたため絶対数が少なく、とても希少価値が高いです。

なかでも高値なのが1967年に発行された「毛主席の長寿を祝う 語録(文1)」11種完と、1968年に発行された「毛主席の最新指示 5種完(文10)」です。前者の買取価格は20万円以上、後者の5種連刷で40万円以上とずば抜けています。

買取価格(販売価格)

毛主席の長寿を祝う11種完

毛主席の長寿を祝う11種完
20万円(40万円)

毛主席の最新指示5種完

毛主席の最新指示5種完
40万円(80万円)

毛主席詩詞14種完毛主席詩詞14種完
20万円(40万円)
毛主席像5種完毛主席像5種完
5万円(10万円)
毛主席の長寿をたたえる8種完毛主席の長寿をたたえる8種完
10万円(20万円)
毛主席の立派な兵士6種完毛主席の立派な兵士6種完
2万円(4万円)

牡丹シリーズ

牡丹シリーズ(1964年発行)はバラ15種完(15種類の単片)と、美しい牡丹で知られている状元紅と大金粉をあしらった絵柄の「特61 状元紅 大金粉 牡丹」小型シートで構成されています。このような文化的な価値が高い切手は文化大革命により消失されてしまったため、今ではとても高いプレミアムが付いています。

買取価格(販売価格)

牡丹バラ15種完牡丹バラ15種完
2万円(5万円)
牡丹小型シート
10万円(20万円)

梅蘭芳舞台芸術切手

1962年に発行された中国の京劇俳優である梅蘭芳の舞台切手です。この中国切手は単片8種完と高値が付いている小型シート版があります。この小型シート版は発行枚数が2万枚と少なかったことに加え、文化大革命のときにその多くが焼却処分にされたため現存数がとても少ないのが特徴です。

そのため一時は200万円もの値が付いたこともありましたが、現在では80万円~100万円ほどの買取価格に落ち着いているようです。極美品であれば120万円以上で買い取る業者もあるようです。

買取価格(販売価格)

梅蘭芳舞台芸術小型シート梅蘭芳舞台芸術小型シート
100万円(150万円)
梅蘭芳舞台芸術 8種完梅蘭芳舞台芸術 8種完
7万円(12万円)

オオパンダ1次、2次

オオパンダも、毛沢東や赤猿に代表される文革切手の一種です。第1次は3種完で1963年(特59)に、第2次は6種完で1973年(革14)に1,000万枚が発行されました。

日本ではオオパンダ2次の流通量のほうが圧倒的に多く、当時中国から初めてやってきたオオパンダのランランとカンカンの影響が大きかったようです。

どちらにも高いプレミアムがついていますが、オオパンダ2次の買取価格は業者によって差があり4千円から7千円位まで幅があります。

買取価格(販売価格)

オオパンダ1次 3種完
6千円(8千円)

オオパンダ2次 6種完
4千円~7千円(9千円)

少年たちよ、子供のときから科学を愛そう

この切手は文化大革命の大騒乱が終結し、ようやく経済が始動し始めた1979年に発行されました。一人っ子政策が始まった年でもあり、数少なくなるであろう子供たちを大切に育てようという政策の表れともいえる切手です。

同タイトルでシリーズ化(6種完)されているのですが、このT41mだけ発行枚数が10万枚と極端に少なく、とても高いプレミアムが付いています。

買取価格(販売価格)

少年たちよ、子供のときから科学を愛そう少年たちよ、子供のときから科学を愛そう
10万円(18万円)


-買取の価格・レート

Copyright© とにかく!どんな切手でも一円でも高く買取ってもらうための業者選び , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.